ホーム > 視力 > 子どもの視力低下の主な原因

子どもの視力低下の主な原因

毛様体筋(目のピント調整をおこなう筋肉)の緊張やコリをほぐし、

 

目の血液循環を促します。

 

子どもの視力低下の主な原因は

 

長時間、同じ姿勢、同じ距離で何かを見続けることによる

 

毛様体筋の緊張とコリ、そして、目の血液循環の悪化です。

 

その結果、周辺視野が狭くなったり、

 

ピント調節が上手く働かなくなってしまうのです。

 

そしてもう一つ、視力低下が進行している子どもの多くが、

 

「肩こり」「首こり」を抱えています。

 

肩や首がこっていると、頭部への血液循環が悪化します。

 

脳や目に新鮮なサラサラ血液が送り込まれにくくなるのです。

 

時々福辻式の視力回復エクササイズでお子さまの肩や首のコリをほぐしてあげてほしいのです。

 

ほぐすといっても、強いマッサージは逆効果です。

 

筋や筋肉、血管を痛めてしまう可能性があります。

 

ですから、力加減はできるだけソフトに行います。

 

まず、お子さまを椅子などにリラックスして座らせ、その背後に回ります。

 

お子さまの後頭部、両耳の後ろあたりにあなたの両手のひらを添えてください。